快眠

【意外と知らない】睡眠時の照明が、質の良い睡眠環境を作る!!

眠る際、真っ暗にしますか?
それとも軽く明かりをつけますか?
あるいは、普通に電気をつけたまま寝ますか?

 

人それぞれ、眠り方には違いがあります。
私たち日本人の平均睡眠時間は6時間前後。

 

このストレス社会、男性も女性も、短い睡眠時間でリラックスした環境を作らなければなりません。
さて今回は、眠りと照明のポイントを徹底紹介していきます。

 

実は少しの明かりが質の高い睡眠環境を作る!!

 

健康的に不眠とはオサラバしたい方には朗報!!
少しの照明が、より良い入眠環境を整えるのだそうです。

 

睡眠と照明の関係は切っても切れないもの。
意外とカーテンを閉め、微細な光も入ってこない状態にすることが大切であるといわれていますが、
実は、その考えは間違いなんです。

 

睡眠の深さを考えた場合、完全に真っ暗にするよりも薄暗い程度に明かりをつけたほうが、
無難に熟睡することができるのです。

 

なぜ薄明かりをつけるといいの??

 

薄明かりが大切な睡眠環境をつくります。
それは私たちの祖先の時代にまで遡ります。

 

人類には、夜、焚き火で外敵から身を守ってきたという歴史があります。
焚き火はぼんやりと明るいですね。
ですから、私たちには本能的に、小さな明かりをつけることで、グッスリと快眠、安眠をすることができるのです。

 

その名残が今でも続いています。

電気は間接照明がオススメ!!

 

蛍光灯の明かりでは明るすぎますし、ろうそくはちょっと危険。
そんな時にオススメなのが間接照明です。
ベッドや布団の足元に、間接照明を設置し、仄かな明かりの中で眠りましょう。

 

価な照明器具は必要ありません。
オススメは柔らかい電球色の明かりです。
オレンジ色の明かりが質の高い睡眠を保障し、不眠を解消してくれます。

 

量販店行けば1,000円前後で用意できるので、是非参考にしてみましょう!!

 

 

今回は睡眠と明るさについてみてきました。
実は、真っ暗よりも少しの明かりがあるほうが、健康的な睡眠には良い!ということが分かりました。
不眠や寝つきの悪さに悩まされている方は、是非、照明にも気を配りましょう!!

 

快眠サプリはこちら